子供に過度な期待をしない

この子の限界はここまでなんじゃない?

三年前、ツゲ丸が高校1年生の頃、志望大学の調査票に
○○大学(旧帝大)とデカデカと書いていたのを見て
すごいとこ希望してるな~と感心していました。
そのときはまだ現実には何も考えられなくて
とりあえず国立に行ってくれれば親孝行なんて思っていました。

私自身、地方の公立高校に通い、3年になると受験勉強をはじめました。どうしても東京に出たくてそれでも東京の国立大学は私の実力ではとても無理だと思ったため、教科が絞れる私立を目指しました。
第一志望に落ち、とりあえず受かった大学に入学したのですが、当時はバブル。
大した努力もせず就職もさらっと決まってしまいました。
ツゲ丸の父親の方は、関西の有名進学校に通いそこで最高峰の大学を目指すどころか勉強するのがいやになり推薦で大学進学。
どちらにしても何の努力もしていません。

そんな両親を持つツゲ丸のポテンシャルが高いとは到底思えません。
それなのに旧帝を目指して頑張っている彼。
頭が下がるばかりなのですが・・・


浪人したんだからせめて・・・と思ってしまう


現役時代は多分地元国立大学を受けていれば受かっていたと思います。
元々、それまでの彼の成績から旧帝は無理だと思っていたし・・・
私立ももし受けていたら、march以上には受からなかったでしょう。
でも、浪人したんだから・・・地元国立以上のところには受かってほしい。
それが浪人生を持つ親の本音です。
見えないプレッシャーをどうしてもかけてしまいます。

子供に過度な期待をしないようにしようと心がけて子育てしてきましたが
いつもそれ以上の結果を出してきてくれたツゲ丸。
今回初めての挫折でまだ親は戸惑っています。

とりあえず、何がおきても取り乱さないように最悪の想定もしておこう。
私立大学に行ってもいいようにお金の算段もしておこう。







この記事へのコメント