浪人バンザイ!!

ツゲ丸の出身高校は、毎年ほとんどの子が現役で大学に進学します。
ところが、昨年は強気で出願し、結果が出なくて浪人を選んだ子がツゲ丸を含め多かったそうです。

浪人で伸びる子は3割と言われています

先日、ツゲ丸が母校に合格の結果を報告しに行った際、(浪人)仲間たちも報告に来ていたそうです。

結果は、三分の二が現役の時の志望大学と同等かそれ以上にステップアップしたところに合格していました。
この結果に、先生たちも大喜びだったそうです。

ツゲ丸の仲間だけでも
現役 東大落ち ⇒ 東大合格 ×2名
現役 京大落ち ⇒ 京大合格
現役 九州落ち ⇒ 京大合格
現役 国医落ち ⇒ 国立医大合格 ×2名
現役 全落ち  ⇒ 東工大合格
現役 一橋落ち ⇒ 一橋合格  
現役 横国落ち ⇒ 阪大合格
現役 千葉落ち ⇒ 名大合格
現役 早慶・MARCH落ち ⇒ 早稲田・慶応合格 × 5名
現役 全落ち ⇒ 埼玉大学合格
現役 全落ち ⇒ 千葉大合格
現役 全落ち ⇒ 広島大合格
その他国公立大学やMARCHクラスの大学に合格者多数。
本当に頑張ってステップアップして志望校に合格していました。

浪人が決まった当初は、友人たちが大学生になって巣立っていく姿が眩しくて
孤独感がハンパないと言っていたツゲ丸。
そんな中、意外に浪人を選択した子がいるということを知り少しホッとした様子でした。

浪人仲間とのやりとりで彼は救われた

4月は、誰とも連絡を取らずにひたすら家と塾の往復する毎日でした。
ひと月もすると、河合塾の第一回マーク模試があります。
この時、同じように浪人している仲間と出くわして連絡を取るようになりました。

そして、高校生は夏休みの時期・・・夏期講習だけ河合塾で受けるようにしていたツゲ丸。
そこで、多くの浪人仲間と出会います。
この講習は、いろいろな意味で刺激になりました。

センター試験本番の時、前日ほとんど寝られなくて緊張しまくって会場入りした際
阪大に合格していた子が、「自分も2時間も寝ていない」と言ってくれて、スーっと肩の力が抜けて冷静になれたそうです。
あの時彼に声をかけられていなかったら緊張のまま試験を受けていたでしょう。
センター試験の成功は、彼のおかげかもしれません。
今年のツゲ丸の周りの友人たちは、ほとんどが志望校に合格することができました。

大学の入学手続きも一段落して
一足先に大学生になった同級生たちや、浪人仲間たちとの約束で忙しくしているツゲ丸。
そろそろ、新居への引越しの準備をしなくてはいけません。

問題集や、参考書などでグチャグチャになっているツゲ丸の部屋。
早く断捨離してきれいにして欲しいものです。
彼が出て行ったら私がその部屋を使う予定。
だって、日当たりが良くて夏は涼しく冬暖かいという一番いい部屋なんですもの。


長くなりました
今日はこのへんで・・・
ご訪問ありがとうございました。






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック