センター試験、古文・漢文で満点を目指す

20150517_pencil_1200_w800.jpg

ツゲ丸が現役時代のセンター試験で8割以上を得点できたのは、国語と日本史と物理だけでした。
高校1年の頃から国語だけは得意だったので、センター試験8割には自信を持っていました。
その中でも、漢文には絶対的自信を持っていました。
なぜなのかよくわかりませんが、論語を読んで感銘を受けちゃうような変わり者ですから得意なのでしょうか。
三国志とか大好きでしたから・・・(中年のおじさんか?)
古文もその流れでしょうか・・・割とよく出来ました。
ただ、現代文だけはムラがありました。
これに関しては、結果、勉強してどうにかなるものではない・・・という結論に達したようです。

浪人時のツゲ丸の国語の目標は古文、漢文で満点を目指し総合9割でした。
2017年のセンター試験は結果、古文50点(満点)、漢文46点、現代文71点、合計167点でした。
今年は、国語が難化したにも関わらず8割以上得点できたのは、古文、漢文の高得点のおかげです。

国語の勉強(古文編)

古文は、学校の教材はまず完璧にしていました。
それ以外に単語を覚えるために、
(これは、今は売っていないみたいですね。)
英単語と違って、あまり苦労せず覚えていました。
あとは、文法です。
文法に関しては、学校から与えられた便覧や教材で覚えていました。
そして長文の読解です。
山村由美子 図解古文読解講義の実況中継 (実況中継シリーズ)はわかりやすくてとても良かったそうです。
演習問題としては
古文上達 基礎編 読解と演習45をこなしていました。

ツゲ丸の場合、国立前期試験でも国語が必要だったため(結果必要ではなくなりましたが)
最強の古文 読解と演習50も取り入れていました。
これが時間がかからずできるようになれば、読解力はかなりついています。
センター試験の問題が非常に簡単に感じます。

国語は、現代文、古文、漢文とあります。
それぞれ得意、不得意がありますのでセンター試験は得意分野の高得点を目指したほうがいいと思います。
特に、古文、漢文は高得点が狙いやすいです。
古文は今の時期は、とにかく基礎(単語と文法)をしっかり固めてください。
センターでは、古文は50点もあります。今年のセンター試験では、国語で点数を取れずに志望校を変更した受験生も多かったと思います。(特に理系)センター古文は理系でも点数は取れるのではないでしょうか。
古文満点を目指して、総合8割を死守しましょう。

2016、2017年の受験生の経験談です。あくまでも一例として参考にしていただけたら幸いです。
ご訪問ありがとうございました。






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック