夏期講習の申込み

english-01.png

先日、現在高校3年生のお子さんを持つ知り合いから夏期講習について質問されました。
ゴールデンウィークも終わるとそろそろそんな時期なのでしょうか。
ツゲ丸の高校3年の頃は、本格的に勉強を始めたのは、このあとの文化祭が終わってからだったかな・・・
(そんなにのんびりしていたから、浪人してしまったんですけどね⤵)

ツゲ丸は、現役と浪人時代、河合塾の夏期講習を受講しました。
そのときは、個人塾をお休みして、7月末から8月中旬にかけて通っていました。

河合塾の講習はひとつの教科でもいくつもの講座に分かれていてその中から自分が目標としている大学や、自分の実力にあった講座を選んで受講していきます。
費用は1講座17,000円くらいだったと思います。
ツゲ丸の現役時代は4講座、浪人時は5講座受講しました。

現役時は、英語の長文読解の基礎編とセンター対策、古文読解、現代文読解だったと思います。
本人曰く、授業は面白かったそうです。
ただ、7月末に2日間ほど欠席しました。その理由が、野球の応援なのです。
実は、ツゲ丸の母校の野球部が何故かその年勝ち進み、地区予選でベスト4まで行ってしまったのです。
同級生が頑張っているのだからと学校をあげて応援に行かされました。
もちろん、欠席していた受験生もいたと思います。(多分難関大を目指している人は行かなかったんじゃないかな)
ただ、そういうのが大好きなお祭り男のツゲ丸が行かないわけがありません。
なんてったて初戦からフル出席ですから・・・💧
お金を払っている親からしたらたまったものではありませんけど。
おかげで、肝心の受験の結果は皆さんご存知のとおりです。

現役の時は、塾生でなくても利用できる自習室も塾生の友達と一緒の時にしか利用しなかったり、浪人時のような真剣さはなかったと思います。
講座の選び方も本人自身が自分の実力をよくわかっていないため中途半端でした。
目指す大学のレベルもありますが、夏期講座の時期までにはある程度の基礎固めは必要だと思います。
いきなり難関大レベルの講座を受けても受けただけに終わってしまうし、この時点で基礎講座を受けているようでは難関大のレベルには到底間に合いません。

文化祭が終ってから本格的に受験勉強を始めるぞ!!なんていう受験生・・・それでは難関大には合格できません。
ああ、戻れるものなら、あの時のツゲ丸にそう言ってやりたい。

浪人の時の夏期講習についてはまた明日にします。
今日は、久しぶりのパートのお休みなので早く寝ます。
ご訪問ありがとうございました。











この記事へのコメント


この記事へのトラックバック