センター試験の勉強

20150517_pencil_1200_w800.jpg


高校野球の地方予選も始まり、暑い夏の到来です。
高校3年生の受験生は、大半は部活も引退して本腰を入れて勉強していることと思います。
3年生になって受けた模試の結果・・・。
志望する大学の判定はEだらけだった・・・なんてこともあるかもしれません。
ツゲ丸もそうでした。
現役の時は、この時点では本当にのんびりしていました。
マーク模試の点数は6割程度。
ただ、漠然と実際のセンターでは8割を取りたい・・・なんて言っていましたが、8割を取るためにどうするかなどと考えて勉強をしていませんでした。
でも夏の乗り切り方で、8割は可能だと思います。

よくセンター試験の勉強は、12月くらいからで充分なんて言われています。
東大、京大、一、工あたりを狙っている方はそうかもしれません。
ただ、現時点で6割前後しか取れていないのでしたら、センター試験は今から意識したほうがいいと思います。
志望校がブロック大以上の難関校なら尚更。
ここに現役で合格できるかどうかは今からの意識で変わってきます。

ツゲ丸は、現役時代はよくマーク模試は問題が多すぎて時間が足りなかった・・・と言っていました。
最初のうちは要領が悪く解ける問題と解けない問題の判断が下手で、ひとつの問題に時間をかけすぎた結果、解けた問題まで落としてしまうというミスを繰り返していました。
特に、英語と数学はそのせいで点数が安定しませんでした。
でもこれは、演習問題を繰り返すことで改善します。
センター試験用の問題集や過去問で、問題を解く順番を変えながら自分なりのベストな解き方を見つけていくのです。
ただ、現役の時は時間がなくそこまでにはなっていません。
だからこそ早めに対策していくべきだったと思います。

来年はまだセンター試験はあります。
今年のセンターは平均はあまり変わらなくても上位層はかなり得点を伸ばしてきました。
つまり難関大を志望している受験生が高得点をとっていました。
特に文系は例年以上に厳しかったです。
来年は難関大は私大、国立ともにさらに厳しいだろうと予想されています。

それでも2年間ツゲ丸の受験を見てきて、私はセンター試験が一番攻略しやすいのでは・・・と感じます。
だからこそ、早めに対策していくべきだと思うのです。
センター試験さえとりあえず高得点がとれたら、選択肢が広がりますから・・・。

スポンサーリンク


ご訪問ありがとうございます
毎日暑くて身体がダルイ・・・
皆様もくれぐれもお身体ご自愛下さい



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック