三者面談は役に立たなかった

sansyamendan_seifuku_boy.png
夏休みに入る直前の丁度この時期、学校で三者面談があります。
もう2年も前になるんですね。
志望校についての具体的な話と勉強方法について聞かれていました。
それまでは、ツゲ丸から旧帝大が第一志望ということしか聞いていなかった私。
一応、ほかの大学についても考えているんだ・・・と感心したりして・・・。

ツゲ丸「第一志望は旧帝大、そして滑り止めの私立でM大、D大かR大かな・・・」
おいおいそれじゃあ滑り止まらないだろと突っ込みたくなる母を尻目に
先生「R大は今は結構レベルが落ちているからD大のほうがいいと思うよ」
なんて言ってるし・・・。
私だけキョトンとしていました。

今思うと、ツゲ丸・・・当時は決してそんな実力はありません。
模試の結果だって旧帝大、M大、D大はE判定。
R大がB~C判定で地元の国立大がB判定。
そんなもんです。
それが、本気でM大、D大なら受かるんじゃないか・・・と思っていたようです。
笑っちゃいます。
案の定、M大は受けて落ちましたけどね。

結局、田舎の公立高校だからでしょうか。
先生は、地元の国立大学に合格してくれればいい・・・といった感じ。
ツゲ丸はとりあえず地元の国立大なら行けるだろうということで、そんなのんきな話になっていたのだと思います。
親も旧帝大なんて行けるわけがないと思い、本人もどこかでそれは感じていたようです。
ただ、地元の国立大学では嫌だったようで・・・。
もしも、地元の国立大を受験することになって、合格して、M大も合格したら、M大に行ってもいいか・・・?なんて聞いてきましたから。
ホント、身の程知らずでした。
でも、現役の時はそれでいいと思います。
最後にイケイケで最高の結果を残す子だっていますから。
最近の私大の受験って本当に紙一重の差で合否が分かれます(特にMARCH)。
強気で受験する子のほうが運を引き寄せてくるかもしれません。



スポンサーリンク


結局、ツゲ丸の現役時代の三者面談は私にとっては???な事だらけでした。
多分、先生も前年までの流れでMARCHや関関同立がそこまで厳しくなるとは思っていなかったのでしょう。
実際、ツゲ丸もM大の個別試験を受験して落ちていますから・・・。
親の意見として、出来るだけ現役で入学して欲しいということと、地元の国立大学に入学してくれれば充分・・ということを確認したら先生はもう何も言いませんでした。
ただ、ツゲ丸が大人が思っていたより、旧帝大や難関大学にこだわっていたおかげで、結果は浪人。
ですから、三者面談って大事なのです。
ここで、自分が最低でもここのレベルの大学へ行きたい・・・ということをはっきり先生に伝えないと情報の出しようがないんです。
もし、センター試験の得点が希望の大学に行けるだけの点が取れなかった場合、どこの大学を受験するのか、自分が行きたい大学をレベル別に想定しておくこと。
それを先生に伝えてこの先どのように成績を上げていくか相談すること。
生徒が真剣であればあるほど先生は協力してくれます。
流れに任せていると、失敗します。
失敗して初めて、親も本人任せではなく、少しは勉強しないといけないということを痛感しました。


ご訪問ありがとうございました


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック