第3回全統マーク模試

20150517_pencil_1200_w800.jpg

10月も今日で終わり。
受験生もそろそろ追い込み体制にはいります。
昨年の今頃、正確に言えば11月3日ですが、ツゲ丸は河合塾のマーク模試を受けました。
地区によってはもうすでに終わっている方も多いと思います。
ツゲ丸は、このあと大学の冠オープン模試、センタープレと予定していました。
ここで成績を前回並みか少し伸ばし、センタープレで実際の目標点数を取ってからセンター試験を迎えることが理想でした。
ただ現実はなかなか思い通りにはいきませんでした。

それでは、実際の結果です。
これはあくまでも昨年のものですからご参考までに・・・。

英語+L 130(平均106.1)
数学①② 145(平均110.0)
国語 175(平均120.2)
物理基礎 39(平均24.7)
化学基礎 30(平均28.4)
日本史B 82(平均51.9)
倫理政経 75(平均55.9)
5-7文系 676/900

本人のそれまでの勉強の手応えが良かったため、この結果に肩を落としていました。
試験前から、絶好調でワクワクしていたと言っていましたから、何が起こったのかわからなかったみたい。

志望校の判定です。
第一志望(現在通学大学)経済学部 C判定
横浜国立大学 経済学部前 A判定
千葉大学 法政経学部前 A判定
明治大学 政治経済学部 経済セ前7科目 B判定
法政大学 経済学部 経済セC A判定

判定はセンター換算732点で判定が出ています。
この成績・・・現役生ならまずまず。
第一志望へまっしぐらという気分になるでしょう。
ただ・・・我が家の息子は浪人生。
点数も判定も前回より落としています。
当時の私も平気そうには振舞っていましたが、内心は焦りまくっていました。
ツゲ丸から明らかに自信が消失していくのがわかりましたから・・・。
ここから、ネガティブ発言ばかりのツゲ丸をどう持ち上げるか・・・プラスの材料を一生懸命探す日々でした。

スポンサーリンク

浪人生のお子さんを持つ親御さんは、ここで成績が振るわなかったり、落ちたりすると本当に心配になります。
そりゃあそうですよね。
ネットでもここからは浪人生はもう伸びないだのそんな情報ばかり。
ここで判定が悪ければ志望校を変えたほうがいい・・・とまで言われていますから。

ツゲ丸の場合、第2志望が横浜国立大学、第3志望が千葉大学でした。
多分、志望校を絞ったほうがいいというのは前期試験(個別)の関係もあるからです。
その大学に特化した問題もありますから、その対策もしておかなくてはいけません。
ツゲ丸の場合は、現役の時は千葉大学を受験しましたので、千葉の問題は経験済みです。
問題自体は、横浜も千葉も相性はいいらしく、過去問でも手応えはありました。
そのためまだ第一志望にはこだわっていこうと目標は変えませんでした。

国立か私立かにもよりますし人それぞれですが、浪人生はここからは伸びない・・・ということはないと思います。
ツゲ丸もセンターまでに90点近く点数を伸ばしています。
そう、ここからです。
そして、現役生も・・・。
現役はほとんどが100点以上伸ばしています。
ただ、ツゲ丸の現役時もそうでしたが、志望校があやふやだったかもしれません。
センター試験で何点以上ならここを狙い、最悪ここは押さえておく・・・といった戦略はそろそろ立てましょう。
現役生はその作業がどうしてもセンター試験後になってしまいます。
浪人してでも第一志望にこだわるのならそれでいいのですが、どうしても現役でというのなら併願校、滑り止めなどしっかり対策を取る必要があります。
特に第一志望が国立の場合は、センター利用で合格できる大学を想定点数で調べてみることをおすすめします。(よくできた時とそうでない時)
3教科では相当高得点でないと受からないところでも、4ないし5教科では案外受かるかもしれません。
センター試験で私立の滑り止めを押さえておくと精神的に楽になりますから。


ご訪問ありがとうございました






この記事へのコメント