受験生~ネガティブになりがちな子供へどうやって声をかけるか

s-0206kb2015-10-7.png

今日、全統のセンタープレを受けた人もいるようですが、もうそんな時期ですね。
昨年、ツゲ丸は12月の最初にセンタープレを受ける予定でした。
その前に、志望大学のオープン模試も受ける予定だったのですが、残念ながら受験できませんでした。(病気で寝込んだため)
この全統のセンタープレは、現役と浪人の差がほとんどなくなってきてからの所謂実際の本番に近い判定が出ます。
何はなくとも受けておきたい模試でした。
2週間近くまともに勉強できない状態だったのも痛かったのですが、この模試を回避する決断をした時は、今回の受験もうまくいかないのではないかと焦りました。
とりあえず、その代わりに駿台のセンタープレをすぐに申込みました。
(駿台のセンタープレは難しいのか前年点数が取れなかったので本人はあまり乗り気ではなかったのですが)
これが良かったのかどうか?

さてさて、前回の全統マークが最悪の結果だったツゲ丸。
今度こそと思って勉強はしたものの過労でダウン。
ネガティブにならないわけがありません。
もう、毎日のように泣き言を言っていました。

親もね・・・やはりうまくいっていない子供を見るのは辛いです。
またダメかもしれない・・・なんて心配になります。
自分のことでない分どうしたらいいのかも分からずただオロオロ、イライラ。
一緒になって落ち込んでいても仕方がないので、この時期からは何でもポジティブに考えることにしていました。
例えば、全統センタープレが受けられなくて落ち込んでいるツゲ丸には、
「もし、受けていたら隣の席の子が風邪をひいていてうつされたかもしれないよ。きっと神様がここはやめておけって言っているんだよ」とか
2週間もまともに勉強できていないことを嘆くツゲ丸には、
「今ゆっくり休んでおいたら、本番では絶好調になって、ちょっと疲れてきている周りの受験生よりずっと冴えているからいい点が取れるかも知れないよ」とか・・・。
もう、バカがつくほど楽天家になっていました。(フリですけど)
ただ、来るべき日に備えていろいろ調べたりもしました。
センター試験で振るわなかった時の準備は特に念入りにしました。
得点ラインの大学を調べて、この辺だったらどこの学校を受けるか・・・などはもうこの時期から考えていました。
本人は、前年に落ちた千葉大は最悪でも受験したいとの希望でしたから、その時は判定など気にせず受けさせてあげようと決めていましたから、その際の後期の受験校や私立のことも調べました。
それもこれも、結果が振るわなかった時に自分が動揺しないようにするためです。
今思うと私が一番ネガティブだったのかもしれません。

スポンサーリンク

毎回の模試の時期になると昨年の結果を晒してきましたが、昨年は全統センプレは受験しませんでしたのでご紹介できません。
現役の時の結果は次回の記事で紹介したいと思います。

もし、今回の結果がうまくいかなかった人もまだまだ諦めないで下さい。
ただ浪人生の場合は、なにがいけなかったかを分析して本番に備えること。
現役生の倍は経験しているのですから、その経験を糧にしたら本番に活かせると思います。
ポジティブにいきましょう。
そして、支える側の親御さんもそんな言葉をかけてあげてください。
きっと、本番では予想以上の結果を出してくれます。
はい!我が家のケースがその実例です。


ご訪問ありがとうございました。


この記事へのコメント