センター試験後の受験生の母の過ごし方

cub-1418738_640.png

本命の出願、併願校の出願なども一段落する頃でしょうか。
受験時の宿泊先などの手配も済んだらあとは本人に頑張ってもらうしかないのですが。
もうとにかく心配なんですけど、口に出すこともできず、ただひたすら耐えるのみ。
私の場合は、パートに出ていて息子が帰宅するときにはほとんど家にはいませんでしたのでそれが良かったのかもしれません。
塾のお迎えは旦那さんにお願いしていました。
その帰りに二人でたまに食事に行ったりしていたようで、それまでほとんど関わりのなかった父親と息子がけっこう楽しそうにやっていました。
旦那さんも浪人時代のそのひと時で息子との距離がグッと縮まったなんて言っていました。

私がパートがない週2日だけは塾から戻った息子に夜食を用意して待っていました。
それを食べる息子と大笑いしながらテレビを見ましたっけ。
たしか「水曜どうでしょう」の再放送をやっていました。
もう何も考えずにゲラゲラわらいながら・・・お互いの不安な気持ちを忘れようとしていたのかもしれません。
今思い出すとそのひと時をとても懐かしく愛おしく感じます。
母はひたすら我慢の日々ですが、せっかくですから楽しみましょう。
進学先が決まったら、家からいなくなってしまうのです。
あの時、大変だったけど楽しかったねなんて言い合える日がきっと来ますから。

スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございました。
今日から全国的に寒くなっています。
春から真冬に逆戻りです。
インフルエンザも流行っているし・・・。
私の周りでは、みんなB型だとか。
私の体調も戻りつつありますが、まだ胃がムカムカ。
吐き気と戦いながら、今日もパートです。
関東では雪が積もっているとか。
急激な気温の変化で体調を崩さないように気をつけてください。
それでは・・・行ってまいります。




この記事へのコメント