奨学金の申し込み

photo0000-3089.png

奨学金の継続の申し込みのための必要書類を揃えて欲しいと先日連絡がありました。
1月の中旬にネットで登録は済ませてあるようなのですが、一通りの書類を揃えて大学に提出しなくてはいけないんだとか。
手続きを忘れないでいてくれて感謝です。
多分、大学の方からもお知らせはあるんでしょうけど・・・。

奨学金については、子供に借金を背負わせるなんて・・・とかいろいろご意見もあるかと思います。
ただ、第一種の奨学金は無利子で借りることができます。
自営業のため少しでも金利を安くしようと借入金の借り換えを繰り返しながら生活してきましたのでそれはものすごく魅力で・・・。
収入も不安定なので、仕送りがきついこともあるし・・・。
銀行から借金するよりも是非借りといて欲しいと高校の時からお願いしていました。
おかげで本人も生活のために無理してアルバイトしなくてもそれなりに生活できているようです。
もちろん学校を卒業したら、親が払っていくんですけどね。

JASSOの奨学金は昨年から給付型も新設されました。
ただこれは所得条件がかなり厳しそうです。
第一種も条件がありますけどそこまでは厳しくないと思います。
第二種はよっぽどの高所得でなければほぼ大丈夫。
まあとりあえず我が家のような自営業家庭は所得で引っかかることはありません。

奨学金破産とかよく聞きますが、確かに第二種を上限いっぱいまで借りるとなるとかなりの金額になります。
東京の私大だったらと考えるとやっぱり上限いっぱいまで借りてもらわないと厳しかったかもしれません。
そう考えると将来の返済に重くのしかかってきますね。
親だってそんなに援助できないですからね。
その間に定年を迎えることになるだろうし。
我が家ではとりあえず定年はありませんから、奨学金の返済が終わるまでは旦那さんに頑張って働いてもらうつもりです。

スポンサーリンク

浪人時代の受験期を経験して、もしもの時を想定するのが癖になったと言いましょうか・・・。
大学在学中に私たちにもしものことがあったらどうしよう・・・なんて考えてたんです。
ここのところ私の体調も悪かったし・・・。
私にもしものことがあったら保険をかけてあるのでなんとかなるでしょうが、旦那さんの場合は自営業が立ち行かなくなりますから・・・。
もう、息子の大学生活に直結します。
ただ、国立大学は学費が免除になる制度があります。
もしもの場合は多分これで卒業は出来るのかな・・・なんて考えているのですが。

最近、有賀さつきさんだとかまだ50代前半の方が亡くなっていて・・・。
私はまだ大丈夫なんて言っていられません。
息子も心配なんでしょう。
最近、深夜のパートにいい顔をしなくなってきました。
旦那さんと息子に、勤務日を減らせ!!と言われています。
人手がないから今は無理!!とはねつけています。
さて今日もそのパートです。
いつもご訪問ありがとうございます。
最近、ブログの更新が毎日の励みになっています。
これからもよろしくお願いします。
それでは・・・行ってまいります。









この記事へのコメント